ゆとりのある公募生活

公募の実践ブログです。

川柳やラジオCMコンテストなどの公募に挑戦していきます。

 

 

言及やリンクはご自由にどうぞ。

 

 

(募集中) しょっぱい五・七・五俳句コンテスト

伯方の塩」が募集しているコンテストです。

 

グランプリ2名に10万円。

太っ腹です。

 

しょっぱい五・七・五 俳句コンテスト | 伯方の塩® | 伯方塩業株式会社

 

 

選者は

夏井いつきさんと八木健さん。どちらも愛媛県在住の俳人です。

 

2007年、2008年には川柳の募集だったのに今回は俳句の募集です。

 

 

困りました。

俳句はまったくわかりません…。

川柳と俳句はまったく別物なんです。

575だけは一緒なんですが…。

 

 

(川柳と俳句の違いについて)

スラッシュの前が俳句/スラッシュの後が川柳

 

俳句/川柳

 

季語が必要 / 季語は不要

や、かな、けりなど切れ字を使う / 切れ字は使わない

文語調 / 口語調

季節や風景を詠む / 人物や心を詠む

 

 

おおまかに言うとこんなところでしょうか。

つまり視点も言葉の選び方もまったく違います。

 

 

以前は川柳だったのに、今回敢えて俳句を募集してるということはやはり俳句を作らなきゃいけないということでしょう。

 

わりと企業が募集する「俳句」は俳句と言えないものが多いと思います。575になってればいいという程度で。

しかし今回は選者からしても本当に俳句を募集してるっぽいです。

しかも本格的な句を募集してるっぽいです。

 

「しょっぱい」を選者のお二人は以下のように置き換えています。

  夏井さん→涙

  八木さん→辛かったな、惜しかったな

 

なるほど。

方向性が見えてきました。

 

何句でも応募できます。

締め切りは、1月31日。

 

 

(まとめ)

・涙を詠む

・辛かったこと、惜しかったことを詠む

・川柳ではなく俳句を作る

・文芸的な句を作る

 

 

 

わたくし川柳のど素人です。

まして俳句は…。

今回初めて俳句を応募してみようと思います。

 

 

※この記事のカテゴリは「川柳」になっていますが気にしないでください。