ゆとりのある公募生活

公募の実践ブログです。

川柳やラジオCMコンテストなどの公募に挑戦していきます。

 

 

言及やリンクはご自由にどうぞ。

 

 

(募集中) 第八回税金川柳

税金をお題にしたコンテストです。

税研情報センターが主催。

 

www.zeikenjc.co.jp

 

 

賞品は

最優秀賞…図書カード10万円分

優秀賞…図書カード5千円分

 

…図書カード10万円って、そんなに本を買うことはありません。

近所のドラッグストアで各種金券で買い物できる店があるので図書カード是非ください。

 

 

お題は「税金に関する思い」

 

 

これはかなり出尽くし感のあるテーマです。

このコンテストだけでも八回目、他にも税金をテーマにしたコンテストはたくさんあります。

それに、時事川柳でも税をテーマにする方もたくさんおられます。マネー川柳でも税をテーマにしますし。

 

 

 

(傾向と対策)

ざっと見たところ、選者についての記載はないので、スタッフが選をしているのでしょう。

 

 

過去の入選句を見てみますと…

 

前回は

「該当者なし」

 

最優秀賞に選んだ句が、「暗合句」であることが判明したために取り消しになったということ。

 

これは、残念な結果ですね。

「暗合句」というのは、すでに全く同じか、ほとんど同じ句がどこかで入選していたということです。

 

川柳では、17文字で表現するため似たような句ができるのは仕方のないことです。

また「税」というテーマだと余計にみんなの発想が同じような方向に向かうことも予想できます。まったく同じ句ができることも十分あり得ます。

 ですので、これは作者の問題ではなく選者の問題ですね。

もちろん仕事として川柳を作って納品するような場合(そんな仕事があるかは知りませんが)は、作者側が暗合句のチェックをすることが求められるでしょう。

 

暗合句を見つけ、作者のブログを探し出し直接本人に抗議する方もおられますし、いろいろなサイトに「盗作だー」って書き込む方もいます。どうしても許せないなら、まず主催者に連絡するのが筋だと思います。

変な正義感で事を荒立てると、作者も選者も読者も後味の悪い思いをしてしまいます。楽しく川柳をしましょう。

 

 

さて、本題に戻って、過去の入選句ですが、

増税を嘆くような句が多いです

・8とか10の数字をうまく詠みこんでいます。

・言葉遊び的な句もあります

相続税とか、所得税とか具体的に絞った句も多いです。

こう見ていくと、ほとんどが(すべてかも)、税に対して否定的な感じですね。

 

確かに税の無駄使いはやめてほしいですが、正しく使われて人々に還元されていることも考えるとなぁ。

 

というわけで、わたしの方向性は

・税について好意的な句だけで勝負

  これなら人と被ることも少ないでしょう。

 

 

締め切りは4月10日まで。

何句でも応募できます。