ゆとりのある公募生活

公募の実践ブログです。

川柳やラジオCMコンテストなどの公募に挑戦していきます。

 

 

言及やリンクはご自由にどうぞ。

 

 

(コラム)川柳の入賞率

久しぶりのコラム記事です。

わたくしが公募川柳に初入選したのは2010年1月です。

年月が飛ぶように過ぎていきます。途中、2012年は忙しくてほとんど投句できませんでした。それでも細々と続けてきました。

そして、2015年ブログの開設と同時に、雅号を改め作句に励んでおります。

 

数多くの川柳が公募されているので、すべてに応募しているわけではありません。

わたくしが、応募するものは、賞金がビッグなもの、知名度が高いもの、過去の入選句が自分の好みに合っているものなどです。ただし、いくら賞金が高くてもスルーするものもあります。基本的に本名と、表彰式ありはスルーです。

 

こんな投句スタイルですが、わたくしの入賞率を発表したいと思います。

 

まず、投句先に対しての入賞率

 何句も応募できる場合、1句応募しても10句応募しても投句先を1とカウントする

 

14.53%

 

次に、投句数に対しての入賞率…1句応募したら1、10句応募したら10とカウントする

 

5.32%

 

 

だから?って感じですよね。

入賞率が高いと思うか、低いと思うかは人それぞれだと思います。

ご自身と比較してみてください。