ゆとりのある公募生活

公募の実践ブログです。

川柳やラジオCMコンテストなどの公募に挑戦していきます。

 

 

言及やリンクはご自由にどうぞ。

 

 

(募集中) 農業あるある川柳

こちらは農業機械の大手「クボタ」が主催するコンテストです。

 

www.jnouki.kubota.co.jp

 

 

テーマは、「収穫」です。

日頃の農作業で感じる想いを詠めばよいみたいです。

感動、驚き、笑い、大変さなど

 

 

商品は、

最優秀賞1名 5眞円相当の体験ギフトカタログ

優秀賞9名 15000円相当のグルメギフトカタログ

ノミネート賞90名 5000円相当のグルメギフトカタログ

 

賞の数は100です。

何としてもノミネートされたい!

 

注意点

応募は一人3句までです。

 

 

(傾向と対策)

選者はおなじみ「やすみりえ」先生です。

といっても審査委員長ということですので、他にも選者がいると思われます。

というか、書いてありました。「川柳選定員」による審査と。

川柳選定員とは、記載されていないのではっきりとしたことは言えませんが、事務局スタッフが選に当たるのでしょうか。川柳協会が審査協力ならそう書いてある場合が多いですし。

 

このサイトには、「川柳ワンポイントアドバイス」が書かれています。

川柳をしている人は知っている内容ですが、大切なポイントです。

もし、選定員が素人だとしたら、おそらくこの「川柳ワンポイントアドバイス」の規準に照らして選をしてくると思います。

 

今回が初めてのコンテストっぽいので過去の句は参照できません。

 

やすみ先生の選ぶ句は、きれいな句が多いという特徴があります。

破格でゴツゴツした句は選ばれません。

 

 

まとめ

・やすみ先生好みのきれいな句を作る

・3句とも違う角度から詠んだ句にする

・川柳の素人受けするような、しかも農業をしている人にしかわからないマニアックな句も作りたい

「川柳ワンポイントアドバイス」の要点を抑える

 

こんなところですかね。

全然方向性が定まっていませんけど…。

 

 

締め切りは8月19日です。