ゆとりのある公募生活

公募の実践ブログです。

川柳やラジオCMコンテストなどの公募に挑戦していきます。

 

 

言及やリンクはご自由にどうぞ。

 

 

(募集中) 第30回サラリーマン川柳

第一生命が主催する「サラリーマン川柳」も今回で30回目です。

通常のコンテストに加え、特別企画も同時に実施されます。

 

event.dai-ichi-life.co.jp

 

 

一般部門

例年通り、一般投票によって決まります。

・一等賞が50000円相当の宿泊ギフト

・2~10等賞が30000円相当の宿泊ギフト

・11~100等賞が10000円の旅行券

 

かなり知名度の高いコンテストですが、大賞の賞金が少し安い気がします。

11~100等賞に関しては、かなり太っ腹です!

 

 

特別企画 女性限定「かがやけ私」部門

こちらは女性限定です。

応募すると一般部門の選考対象にもなります。

 

選者は川柳作家のやすみりえさんです。

ベスト5に入った方に10000円相当の食事券ギフト

 

 

(傾向と対策)

このサラリーマン川柳は、ニュースでも毎年取り上げられます。世相を反映した句が選ばれるので、話題としていいのでしょう。

しかし、川柳作家からは毛嫌いされているコンテストでもあります。

選ばれる句は、駄洒落、語呂合わせなど、無理やり笑わせるような句や、ふざけた雅号の人がたくさん入賞します。本来の川柳は、文芸として人の心を詠むものです。笑いが全く入らない美しい川柳もいくらでもあります。このコンテストのせいで、川柳の間違ったイメージが定着してしまっているのは残念なことです。雅号も句の説明になっているようなものは本来NGですが、なんでもありになっています。

今回も最終的には、一般投票で選ばれるのでこれまでと同じように、言葉遊び的な句が選ばれていくでしょう。

わたくしとしては、川柳は文芸と考えていますので、言葉遊び的な川柳は好きではありません。でも、公募川柳が趣味ですので、求められる句で勝負します!!駄洒落満載で応募します!!

今までの傾向を見ていると、流行語を詠みこむのもテッパンです。

 

というわけで、

・駄洒落満載で勝負

・流行語を入れまくり

・笑い限定

こんな感じで句を作ります。ただ、雅号だけは普段通り「にゃごし」です。

さすがに雅号を、ふざけたものや句の補足として使うのは、川柳をかじっている者としてどうかと思いますので…。まあ、「にゃごし」でも固い公募には使わないのですけど。

 

雅号に関しての過去記事もごらんください。

 

nyagoshi.hatenablog.com

 

 

 

さて、女性の方は「かがやけ私部門」にも挑戦できます。

女性ならではの視点で日常のささやかな出来事を詠みましょう。

選者は川柳作家です。

コメントを見ると、

この度、新部門の選考を担当することになりました。テーマからイメージを膨らませて貴女の想いを川柳にしてみてくださいね。川柳の基本は5・7・5。合計17音で完成された作品をお願いします。駄洒落やゴロ合わせだけの作品は入選から遠くなりますので、ご注意くださいね!

さすが、川柳作家です。これが川柳本来の姿です。

 

というわけで、「一般部門」と、「かがやけ私部門」では選考基準が違うと思いますので、ご注意ください。

 

 

締切は11月25日です。

…気付いたらギリギリの紹介でした。