ゆとりのある公募生活

公募の実践ブログです。

川柳やラジオCMコンテストなどの公募に挑戦していきます。

 

 

言及やリンクはご自由にどうぞ。

 

 

(コラム) 一つのコンテストへの応募数

たまたま図書館で公募ガイドを見ました。

公募川柳界で有名な方のインタビューが載せらていて、とても興味深い内容でした。

たくさん入選するためには、やはり相当な努力が必要だということがわかりました。

コンテストによって、一人あたりの応募数に上限が設けられているものもありますが、何作品でも応募できる場合は、とにかくたくさん応募することがポイントのようです。しかも、助詞を変えただけの句ではなく、入選レベルの句である必要があるようです。

つまり、「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」ではなく「確かな技術で確実に当てる」って感じですね。

どれくらいの数を応募しているかなどの具体的な数字も書かれていました。公募ガイドをご覧ください。何月号だったかは見てませんでしたが、多分今出版されてる最新号だと思います。